メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

広がる悪ふざけ動画 情報モラル教育が必要だ

 飲食店やコンビニエンスストアのアルバイトが、食材などを使った悪ふざけの動画をインターネットの交流サイト(SNS)に投稿するケースが相次ぎ、社会問題化している。

     最近では、チェーンの大手すし店店員がゴミ箱に入れた魚をまな板に戻す事例や、中華レストランの店員が中華鍋から上がる炎でたばこに火を付けた事例、コンビニ店員がおでんを口に入れて出した事例などの動画が投稿されている。それが、投稿サイト「ツイッター」「ユーチューブ」などを通じて拡散した。

     大半は、若者の仲間内での受け狙いが投稿のきっかけとみられる。ただし、ネットで炎上し、運営企業が謝罪に追い込まれるなど影響は広がっている。店員への法的措置を検討している企業もある。

     企業側にも課題はある。こうした悪質投稿は数年前から表面化している。アルバイトを採用する際の研修を徹底し、業務の重要性を理解させることが必要だ。

     若い世代を中心にSNSを使いこなす人は多い。だが、SNSという新しい情報ツールに危険が潜んでいることを十分に認識していない人がいるのではないか。

     悪ふざけ動画のケースでは、刑事責任を問われたり、高額の賠償責任を負ったりしかねないことを投稿者は自覚しなければならない。

     また、動画サイトで発炎筒を線路に投げ入れるシーンに刺激を受けた高1男子が、同じことをして逮捕される事件が起きた。一つ間違えば取り返しがつかないことになる。

     学習指導要領には、インターネットを通じた情報活用能力の充実が盛り込まれ、情報モラルについても道徳などの時間を利用し、一定の指導が行われている。

     ただし、自治体や学校で取り組みに差がある。また出会い系サイトの危険性など子どもの性的被害を防ぐことにまず主眼が置かれてきた。

     東京都は、独自に補助教材「SNS東京ノート」を製作している。そこでは、「写真を公開する前に」との項目を割き、他者を思いやらない投稿がトラブルを生むことを子どもに考えさせている。

     加害者側に立ち得ることを教える指導も大切だ。情報モラル教育をさらに現場で進めてほしい。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
    2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
    3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
    4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
    5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです