メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中通商協議

「延長戦」へ 政治日程配慮、決裂を回避

ホワイトハウスでトランプ米大統領(中央)と会談する中国の劉鶴副首相(左)、米通商代表部のライトハイザー代表=ロイター

 【ワシントン中井正裕、北京・赤間清広】貿易戦争回避に向けた米中両政府の通商協議が「延長戦」にもつれ込む公算が大きくなった。米中は3月中にも首脳会談を行う方向で調整に入っており、3月1日の交渉期限もひとまず先送りされる見通しだ。

 「習氏と近く会談し、残された案件について議論したい」。トランプ米大統領は22日、訪米中の劉鶴・中国副首相と会談し、習近平国家主席との直接会談で交渉の最終決着を目指す方針を表明した。

 習氏も劉副首相に託したメッセージで「大統領とさまざまな方式で緊密な連絡を続けることを願っている」と…

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1248文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです