メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
米中通商協議

「延長戦」へ 政治日程配慮、決裂を回避

ホワイトハウスでトランプ米大統領(中央)と会談する中国の劉鶴副首相(左)、米通商代表部のライトハイザー代表=ロイター

 【ワシントン中井正裕、北京・赤間清広】貿易戦争回避に向けた米中両政府の通商協議が「延長戦」にもつれ込む公算が大きくなった。米中は3月中にも首脳会談を行う方向で調整に入っており、3月1日の交渉期限もひとまず先送りされる見通しだ。

 「習氏と近く会談し、残された案件について議論したい」。トランプ米大統領は22日、訪米中の劉鶴・中国副首相と会談し、習近平国家主席との直接会談で交渉の最終決着を目指す方針を表明した。

 習氏も劉副首相に託したメッセージで「大統領とさまざまな方式で緊密な連絡を続けることを願っている」と…

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1248文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです