メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
もう一度食べたい

記者編 「ビゴ」のサバラン 仏の伝統、兵庫・芦屋で受け継ぐ

ビゴの店のサバラン(手前の二つ)

 兵庫県芦屋市のブーランジェリー(パン店)「ビゴの店」創業者でフランスパン職人のフィリップ・ビゴさんが、昨年9月、76歳で逝った。受け継がれる味は、バゲットなどのパン類だけではない。根強い人気の菓子「サバラン」を訪ねた。

 何十種類ものパンが並ぶ店内の一角。ガラスケースにオペラやミルフィーユなど定番のフランス伝統菓子類が並ぶ。そこに1972年の開店以来、座り続けてきたのがサバランだ。フランスパンのおいしさを知られる同店だが、常連客を中心に隠れた人気を持つ。

 「うちの場合、パンもそうですが、サバランも他のお菓子類もオーソドックスながら飽きない味だと思います…

この記事は有料記事です。

残り1318文字(全文1597文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  4. ヒマワリ 200万本、黄色の海 八戸 /青森

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです