メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度食べたい

記者編 「ビゴ」のサバラン 仏の伝統、兵庫・芦屋で受け継ぐ

ビゴの店のサバラン(手前の二つ)

 兵庫県芦屋市のブーランジェリー(パン店)「ビゴの店」創業者でフランスパン職人のフィリップ・ビゴさんが、昨年9月、76歳で逝った。受け継がれる味は、バゲットなどのパン類だけではない。根強い人気の菓子「サバラン」を訪ねた。

 何十種類ものパンが並ぶ店内の一角。ガラスケースにオペラやミルフィーユなど定番のフランス伝統菓子類が並ぶ。そこに1972年の開店以来、座り続けてきたのがサバランだ。フランスパンのおいしさを知られる同店だが、常連客を中心に隠れた人気を持つ。

 「うちの場合、パンもそうですが、サバランも他のお菓子類もオーソドックスながら飽きない味だと思います…

この記事は有料記事です。

残り1318文字(全文1597文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 山頂に沈む満月 令和初の「パール槍ケ岳」
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです