メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
公開授業

小学生からの救命教育 AED財団

心臓マッサージの方法を学ぶ児童たち=つくば市竹園で

 学校で起きる突然死ゼロを目指し、小学校からの救命教育を推進するシンポジウム(日本AED財団主催)が、茨城県つくば市の市立竹園西小学校で開かれた。小学5年生の児童が自動体外式除細動器(AED)の使い方や心臓マッサージを学ぶ授業が教育関係者らに公開された。

 公開授業では、児童たちが突然心停止した人を発見した状況を想定。AEDの使い方などを学んだ。児童たちは「子どもがAEDを使うのは難しいと思っていたが、命を救うために積極的にかかわっていきたい」などの感想を発表した。

 日本AED財団によると、学校で起きる死亡事故の死因トップは突然死で、心停止の場合は何も措置を施さな…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文634文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです