メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

加藤陽子・評 『帝国航路を往く イギリス植民地と近代日本』=木畑洋一・著

 ◆『帝国航路(エンパイアルート)を往く イギリス植民地と近代日本』

 (岩波書店・2592円)

制約を課すことで見える新たな世界

 今や多くの人が飛行機で空を飛び、大量の情報も電脳空間を瞬時に駆け巡る。だがそれ以前、人と物は遠距離ならば海で運ばれていた。

 三好達治でピンとこない方も、「太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。/次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。」の詩人と言えば伝わるか。その三好の詩「郷愁」はこの上なく魅力的に海をとらえている。「海よ、僕らの使う文字では、お前の中に母がいる。そして母よ、仏蘭西人の言葉では、あなたの中に海がある。」と。海という字の旁(つくり)に母を見つけた詩人は、フランス語の母(m〓re)が海(mer)を含むとの機知に誘う。

 母と海。そこから人が生まれ、ときには還ってゆくところ。豊穣(ほうじょう)のイメージで語られるもの。…

この記事は有料記事です。

残り1761文字(全文2141文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 南海トラフ地震津波確率 和歌山、高知など5メートル以上「非常に高い」 初の推計発表

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです