メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

加藤陽子・評 『帝国航路を往く イギリス植民地と近代日本』=木畑洋一・著

 ◆『帝国航路(エンパイアルート)を往く イギリス植民地と近代日本』

 (岩波書店・2592円)

制約を課すことで見える新たな世界

 今や多くの人が飛行機で空を飛び、大量の情報も電脳空間を瞬時に駆け巡る。だがそれ以前、人と物は遠距離ならば海で運ばれていた。

 三好達治でピンとこない方も、「太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。/次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。」の詩人と言えば伝わるか。その三好の詩「郷愁」はこの上なく魅力的に海をとらえている。「海よ、僕らの使う文字では、お前の中に母がいる。そして母よ、仏蘭西人の言葉では、あなたの中に海がある。」と。海という字の旁(つくり)に母を見つけた詩人は、フランス語の母(m〓re)が海(mer)を含むとの機知に誘う。

 母と海。そこから人が生まれ、ときには還ってゆくところ。豊穣(ほうじょう)のイメージで語られるもの。…

この記事は有料記事です。

残り1761文字(全文2141文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 紀の川小5刺殺事件 /和歌山
  2. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 10代の自殺、昨年32人増加 全体では9年連続減り2万840人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです