メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今週の本棚・この3冊

平成の経済と社会 伊東光晴・選

<1>水俣病の科学(西村肇、岡本達明著/日本評論社/3564円)

<2>21世紀の資本(トマ・ピケティ著、山形浩生、守岡桜、森本正史訳/みすず書房/5940円)

<3>ルポ トランプ王国(金成隆一著/岩波新書/929円)

 日本の公害の頂点は水俣病である。いや、世界でも最大で最悪の大惨事を引き起こした。その原因がチッソ水俣工場の廃液であることはわかっていても、科学的説明はないまま、1968年政府はアセトアルデヒド(エチレンを酸化してつくる刺激臭のある無色の液体)合成工場内で生成されたメチル水銀が原因であると正式発表を行った。だがなぜ有機水銀(有害)が生成されたのか。同じ様な生産方法をとる他の工場では、なぜ水俣病は発生しないのか。なぞは不明のままだった。

 <1>の西村氏は、大学定年後、全力をあげてこのなぞに取り組む。チッソの労働組合の委員長だった岡本氏…

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文1034文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです