メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

藻谷浩介・評 『子どものまちのつくり方 明石市の挑戦』=泉房穂・著

 (明石書店・1620円)

明確な哲学に基づいて行う施政

 地域振興のお手伝いを本業とする評者は、常日頃から、全国の自治体の年齢別の人口動態を比較している。

 「あそこは元気な町だ」とか「キーパーソンがいる」というような話は多いが、実際に人口の動きにまで違いが出ているケースは少ない。逆に言えば、人の動きにまで好影響が出た取り組みは、本当に評価に値する事例だ。早くから経済が発展した関西の言葉に「なんぼのもんか?」というのがあるが、有名事例が「なんぼのもん」なのかは、年齢別の人口の動きでわかる。

 というわけで、最近5年間弱の人口の動き(2013年3月末と18年1月の住民票数の比較)で、兵庫県明…

この記事は有料記事です。

残り1186文字(全文1481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです