メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

井波律子・評 『顔真卿伝 時事はただ天のみぞ知る』=吉川忠夫・著

 (法藏館・2484円)

まさに「書は人なり」を体現

 中国の書の歴史上、東晋の王羲之(おうぎし)(三〇七-三六五)と並び称される大書家、唐の顔真卿(がんしんけい)(七〇九-七八五)の全体像を描く本格的伝記である。本書は全八章から成り、まず第一章から第三章において、そのルーツと前半生がたどられる。魏晋南北朝以来の貴族である顔氏一族は代々、学問を重視し、『顔氏家訓』を著した顔之推(がんしすい)(五三一-五九一)は、顔真卿の五代先の祖先に当たる。学問重視の家風は連綿とつづき、唐代以降は書も重視され、能書家が続出した。さらに、顔氏一族にはおりおりに命がけで節義を重んじる剛直な人々が出現した。顔真卿はこうした家風を受け継ぎ、乱世を毅然(きぜん)と生きぬいたのだった。

 しかし、輝かしい伝統をもつとはいえ、顔氏一族は経済的には恵まれず、官僚社会で活躍した人物もいなかっ…

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 新型肺炎、緊急事態か協議 WHO委員会始まる

  4. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです