メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 羽生善治九段-豊島将之王位 第36局の3

豊島の研究手

 羽生は休憩後35分、昼食休憩を含む1時間45分の長考で前例と同じく[先]6四香と打った。代えて[先]6九香は以下[後]6五歩[先]7五歩[後]4六歩[先]7四歩[後]同金[先]9二馬[後]6三銀[先]8一馬[後]6二飛[先]7一馬[後]5二飛(参考図)で「ちょっとつまんないですかね」と羽生。[後]6五歩を打たれ、香の働きが悪くなるのが気になった。

 豊島いわく、本譜の[先]6四香は「一番怖い手」。次に[後]同金ならば前例をたどるが、[後]5一飛と…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文606文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 犯人は逃走 大阪・吹田市
  2. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  3. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  4. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです