メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 羽生善治九段-豊島将之王位 第36局の3

 羽生は休憩後35分、昼食休憩を含む1時間45分の長考で前例と同じく[先]6四香と打った。代えて[先]6九香は以下[後]6五歩[先]7五歩[後]4六歩[先]7四歩[後]同金[先]9二馬[後]6三銀[先]8一馬[後]6二飛[先]7一馬[後]5二飛(参考図)で「ちょっとつまんないですかね」と羽生。[後]6五歩を打たれ、香の働きが悪くなるのが気になった。

 豊島いわく、本譜の[先]6四香は「一番怖い手」。次に[後]同金ならば前例をたどるが、[後]5一飛と引く新手を見せた。研究の一手で「[後]6四同金も有力なんですが、本譜の順に期待しました」。豊島は研究会に加わらず、1人で研究することで有名。この手も1人で導き出した手だ。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです