サッカー

J1 大分2-1鹿島 大分、復帰戦白星 鹿島を翻弄、J1新たな一歩

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 (第1節・23日)

 <大分2-1鹿島>

 その時、鹿島のGKは一歩も動けなかった。前半18分、大分は縦パスから手数をかけずテンポよくボールをつなぎ、抜け出した藤本のシュートが先制のネットを揺らした。6季ぶりにJ1に戻った大分の攻撃が昨季アジア王者を翻弄(ほんろう)した。

 緊張する初戦が久しぶりの舞台でも、相手ホームでも、ひるまなかった。貫いたのは連係よくつないで攻め抜くスタイル。広島、ガ大阪などJ1優勝チームでコーチを務めてきた片野坂監督と共に、J3時代から積み上げてきたこ…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文598文字)

あわせて読みたい

ニュース特集