メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スケートボード

日本OP選手権 藤沢が初代女王

 2020年東京五輪で初めて採用されるスケートボードの日本オープン・ストリート選手権は23日、東京都足立区のムラサキパーク東京で開幕し、女子は17歳の藤沢虹々可(ななか)=ACT SB=が初代女王に輝いた。13歳の中山楓奈(ふうな)=ムラサキ高岡=が2位、1月の世界選手権に出場した12歳の織田夢海(ゆめか)=ムラサキ名古屋茶屋=が3位だった。

 世界選手権優勝者の西村碧莉(あおり)=木下グループ=は五輪出場権の懸かる国際大会の出場権を持っているため、出場していない。

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「自宅籠城を」 小倉城が緊急事態宣言仕様の「御城印」をネット限定販売

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 あおり運転の「ガラケー女」に誤認、今も続く中傷 それでも「裁判通し誰かの役に立ちたい」

  4. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入された石綿、いまだに販売 発症は数十年後 誰もが被害者になる恐れ

  5. 救急搬送の辞退も 介護施設内でコロナ患者9人が最期 埼玉・戸田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです