メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎月勤労統計

不正調査 何者?首相秘書官 方式変更意見「私の考え」 「政権の圧力では」野党追及

 毎月勤労統計の調査方法変更は首相官邸の意向だったのか。野党の追及に、首相秘書官として厚生労働省に変更を働きかけた中江元哉氏(現財務省関税局長)は「私個人の考えだ」と否認している。政府側の説明を信じるなら、首相秘書官は首相の意向と無関係に動き、首相も「われ関せず」で報告も聞かないらしい。【中川聡子】

 毎月勤労統計で、従来の対象事業所を総入れ替えする方式は入れ替え後に数値が下がると問題視されてきた。調査方法を話し合う厚労省の有識者検討会はいったん見直し不要としたが、中江氏の働きかけと前後して2015年9月に同省幹部が変更の検討を表明。18年、部分入れ替え方式に変更された。

 焦点は中江氏の動きが首相の意向だったかどうか。「官邸が圧力をかけた」と追及する野党に、中江氏は「私…

この記事は有料記事です。

残り908文字(全文1246文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  5. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです