メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

天皇陛下在位30年 きょう記念式典 30年来の交流 蒲島・熊本県知事に聞く

蒲島郁夫知事

 天皇と国民の距離が縮まった平成の時代。天皇陛下はどのように国民に思いを寄せ、交流を重ねられたのか。陛下と30年来の交流がある政治学者で熊本県知事の蒲島(かばしま)郁夫さん(72)に聞いた。

国民へあふれる愛情

 --天皇、皇后両陛下は学者ら多くの有識者と親交があります。

 ◆駆け出しの政治学者だった筑波大助教授のころからお会いしています。話題は時々のニュースや社会の出来事が多い。両陛下の社会への関心は強く、こんなにも日ごろから国民を愛しておられるのかと感銘を受けます。

 --2013年の「全国豊かな海づくり大会」の放流行事で水俣市を訪れた陛下は、水俣病患者と懇談し「真…

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1071文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 韓国、文大統領の支持率40%に下落 就任以降最低

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです