メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

新ピクトグラム 男女共用トイレ・介助用ベッド 多様性配慮「おもてなし」

男女共用トイレ

 東京都は2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場で、「男女共用トイレ」など現代の社会生活に対応した新たなピクトグラム(絵文字)を8種類掲示することを決めた。トイレなどのピクトグラムは1964年の東京五輪に合わせて制定され、世界中に広がった。言葉が分からなくてもお客さんが迷わないようにと気配りする日本流の「おもてなし」でもあり、東京都の担当者は「東京五輪のレガシー(遺産)として普及させたい」と語る。【芳賀竜也】

 東京都によると、掲示するのは水泳会場「オリンピックアクアティクスセンター」(東京都江東区)など計11カ所の新設・改修する競技会場。男女共用トイレ▽介助用ベッド▽ベビーチェア▽おむつ交換台▽こども用トイレ▽着替え台▽簡易型オストメイト(人工肛門・ぼうこうをつけている人)用設備▽カームダウン・クールダウン--の8種類を使用する。

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1240文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相、一律10万円「あれは政府の借金、さらに増やすのか」 再支給に否定的

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  5. 東京都内で新たに1175人の感染確認 重症者は158人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです