メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仏セザール賞

「万引き家族」外国映画賞を受賞

 【パリ共同】フランスのアカデミー賞に当たるセザール賞の第44回授賞式が22日、パリで行われ、是枝裕和監督の「万引き家族」が最優秀外国映画賞を受賞した。手違いで式典に関係者が誰も出席しておらず、是枝監督はツイッターでおわびを表明した。日本映画の同賞受賞は1981年に黒沢明監督の「影武者」が受賞して以来。

 是枝監督はアカデミー賞発表を前に米ロサンゼルスに滞在中で、ツイッターを通じてコメント。万引き家族は昨年、同じフランスのカンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞したことから、セザール賞受賞で「幸せな旅の締めくくりができた」と喜びを伝えた。

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです