メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

ビール・ストリートの恋人たち いくら差別されても愛を守る人間の尊厳

 ストレートなラブストーリー。でも、ハッピーなだけのラブストーリーじゃありません。敢(あ)えて愛情を語ることには、それだけの理由、社会背景があるからです。

 この映画の原作を書いたのは、ジェームズ・ボールドウィン。「ジョヴァンニの部屋」や「もう一つの国」をはじめとする作品で、黒人が生きてゆくこととゲイが生きてゆくことの苦しさを悲鳴を上げるような言葉によって綴(つづ)り続けた、アメリカの代表的作家です。

 ボールドウィンは1960年代の公民権運動に関わり、多くのエッセーを発表しました。でも、映画「私はあ…

この記事は有料記事です。

残り1405文字(全文1656文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです