メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BOYS AND MEN本田剛文

“バズチューバー”役で「産みの苦しみを味わった」 “サバイバルな撮影”も

オムニバス映画「ジャンクション29」について語った本田剛文さん

 男性10人組ユニット「BOYS AND MEN」の田中俊介さん、水野勝さん、本田剛文さん、小林豊さんが出演し、29歳の4人の若者を描いたオムニバス映画「ジャンクション29」(ウエダアツシ監督、山田晃久監督)が22日に公開された。同作のうちの一編「バズる」で動画サイトに動画を投稿する“バズチューバー”の守谷悟を演じた本田さんは、劇中で投稿する動画については「産みの苦しみを味わった」という。“サバイバルな撮影”もあったという今作について話を聞いた。

 映画は「ツチノコの夜」「結婚の条件」「バズる」「ジャンクション」の4編からなり、本田さんは「バズる」で動画サイトに動画を投稿する“バズチューバー”の守谷悟を演じた。動画の視聴回数はまったく伸びないにもかかわらず、働く気もなく怠惰な生活を送っている悟が、借金取りに脅されて追い詰められ、起死回生のアイデアを思いつく……というストーリー。

 悟について「動画の投稿で、一獲千金のジャパニーズドリームを夢見ている男。人のダメなところや弱い心、ラクな方にずるずる流れていく部分をぎゅっと絞り出して集めたようなやつ。いい加減なだけで、イヤなやつではないので愛してもらえるキャラクター」と説明した本田さん。「僕は楽観的な人間だし、周りの人にも恵まれていて、これまで追い詰められるようなことはなかったですね。でも、ほかにもっとやり方があるのに安直な手段を考える部分が、悟と似ているかも」と話す。

 劇中では、悟がさまざまな動画を投稿していくが、その動画には本田さんのアドリブやアイデアが盛り込まれている。台本には「ポテトチップスを食べて苦しむ」など簡単な描写がある程度だったといい、「悩んだし、産みの苦しみを味わった」と振り返る。

 実際のYouTuber(ユーチューバー)の動画を参考にした点もあり、「深く考えずにパクることを大事にしました。例えばYouTuberの人は物を紹介するときに、なぜか(物に)手をかざして紹介する。悟は(理由は)よく分からないけど、見よう見まねで手をかざしているというイメージ。だから(物に)ピントが合っていないんです」と工夫を語りながら、「再生回数が伸びないのも納得!って感じの出来になったので、よかったかな」と満足げだ。

 劇中には高所でのシーンも登場する。本番は命綱なしで臨み、「スタントの方が来てくださって、(前に体重をかけると)強い風が吹くと落ちてしまう可能性があるから、こんな感じで(後ろの脚に体重をかけて)下をのぞき込むと、いざというときに助けやすいし、落ちにくいって言われて……。“サバイバルな撮影”でした」と苦笑い。作品を通して「悟の心が豊かになっていく、ささやかな成長を見てほっこりして、(追い詰められる姿に)ハラハラもしてもらえれば」と語った。

 「ツチノコの夜」では田中さんが親のすねをかじりながら映画を作る自称映画監督を演じ、「結婚の条件」では水野さんが結婚相談所のカリスマ仲人、「ジャンクション」では小林さんがマンガ家志望の男を演じている。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  3. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  4. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  5. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです