メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稲垣吾郎

“月9”デビュー時の失敗告白 「大問題になったらしく…」

映画「半世界」の公開後舞台あいさつに登場した稲垣吾郎さん

 俳優の稲垣吾郎さんが24日、東京都内で行われた主演映画「半世界」(阪本順治監督)の公開後舞台あいさつに、共演の渋川清彦さんと登場。劇中の葬儀シーンの話題となり、稲垣さんは「動いちゃいけないのは絶対条件。昔『二十歳の約束』というドラマをやったときのことを思い出しちゃって。(自身が演じた)主人公の純平が海で死ぬんですけど目がちょっと動いている。それが編集室で大問題になったらしくて……」と動かない演技の難しさをしみじみと振り返っていた。

 当時の状況について、「明るいところだと目をつぶっていても中で(目が)動いちゃう(と分かる)。それを“月9”デビューで、しかも主人公がやっちゃった」と苦笑い。しかし、「あまり気付かれなかった。昔から(自身の出演)ドラマを見てくださっている方でも知らない人が多い。今だから言えるって感じ」とコメントして集まったファンを笑わせていた。隣で聞いていた渋川さんも「(自分は)結構、死体役が多い。いかにおなかを動かさないように息をするのか心がけていて、お芝居というより運動に近いかも」と共感していた。

 稲垣さん演じる紘が倒れるシーンについて司会から聞かれ、「そういう現場を見たこともないし自分が経験したこともないので、苦しむシーンはすごく難しい」と切り出し、「自分で見て結構良かったです。苦しそうに見えた。お芝居ですから本当は苦しくないんでしょう」とちゃめっ気たっぷりに語ると、会場から大きな拍手が巻き起こった。

 また、紘の妻・初乃(池脇千鶴さん)が怒るとさんまを投げつけることにちなみ、「人生で何か投げつけられたことは?」という司会からの投げかけに稲垣さんは「物はなかなかないですね。物投げる人って今いるんですかね? (投げたら)問題になっちゃうでしょう」と語りつつ、「女性には殴られたことはあります。これはマスコミの皆さんに見出しにしてもらおうかな(笑い)」と自虐的にコメントし、会場を沸かせていた。

 「半世界」は、阪本監督による完全オリジナル脚本。父から受け継いだ山中の炭焼き窯で製炭することを生業(なりわい)としている紘(稲垣さん)の元に、中学からの旧友で元自衛官の瑛介(長谷川博己さん)がやって来る。家のことは妻に任せきりだった紘は、瑛介ともう一人の同級生・光彦(渋川さん)の言葉から、仕事と家族に真剣に向き合おうと決意するが……というストーリー。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. 運慶作と伝わる帝釈天像内に木箱 X線調査で判明
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです