顔認証システム、政府行事で初導入 天皇陛下在位30年式典

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は24日の天皇陛下在位30年記念式典で政府主催行事では初めて、一部の参列者の本人確認に「顔認証」システムを導入した。政府関係者や民間、報道関係者ら約550人が対象。受付時間を短縮し、なりすましの防止などを図る狙い。10月22日に新天皇が内外の参列者に即位を宣言する「即位礼正殿の儀」などでも活用…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

あわせて読みたい

注目の特集