賛否の理由、ともに「普天間撤去」が最多 沖縄県民投票・出口調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
賛成・反対への投票理由
賛成・反対への投票理由

 毎日新聞社と琉球放送が24日に実施した出口調査で辺野古移設に「反対」と投票した人にその理由をたずねたところ、「普天間飛行場は無条件撤去すべきだから」が34%、「自然環境が破壊される」28%、「事件事故・騒音などの基地負担が固定化される」24%と分かれた。一方、賛成票を投じた人の理由は「普天間飛行場の危険除去」が58%を占め、「経済振興につながるため」が17%、「米軍による抑止力維持のため」7%で続いた。

 また「どちらでもない」と投票した人では「二者択一では選べない」が66%、「投票結果では何も変わらない」が18%だった。

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文851文字)

あわせて読みたい

注目の特集