メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レバノン新内閣でヒズボラが影響力拡大 米、予算流用を警戒

 【カイロ篠田航一】レバノンで1月に発足した新内閣で、イスラム教シーア派組織ヒズボラが影響力を拡大している。予算規模も大きく、国民生活に直結する保健相にはヒズボラが推す人物が就任。これに対しヒズボラを「テロ組織」に指定する米国は、省庁予算のヒズボラへの流用を警戒している。

 18の宗教・宗派が混在するレバノンではバランスを重視し、首相はスンニ派、国会議長はシーア派、大統領はキリスト教マロン派から選出するのが慣例。昨年5月6日の総選挙でハリリ首相率いる政党は議席を減らしたが、他のスンニ派勢力の支持を取り付けて再任された。だが主要閣僚ポストを巡り、その後は組閣が難航。約9カ月間の「政治空白」を経て、今年1月31日に新内閣が発足した。

 地元メディアなどによると、総選挙で躍進したヒズボラは使える予算の大きい保健相など複数のポストを要求…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文853文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです