メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レバノン新内閣でヒズボラが影響力拡大 米、予算流用を警戒

 【カイロ篠田航一】レバノンで1月に発足した新内閣で、イスラム教シーア派組織ヒズボラが影響力を拡大している。予算規模も大きく、国民生活に直結する保健相にはヒズボラが推す人物が就任。これに対しヒズボラを「テロ組織」に指定する米国は、省庁予算のヒズボラへの流用を警戒している。

 18の宗教・宗派が混在するレバノンではバランスを重視し、首相はスンニ派、国会議長はシーア派、大統領はキリスト教マロン派から選出するのが慣例。昨年5月6日の総選挙でハリリ首相率いる政党は議席を減らしたが、他のスンニ派勢力の支持を取り付けて再任された。だが主要閣僚ポストを巡り、その後は組閣が難航。約9カ月間の「政治空白」を経て、今年1月31日に新内閣が発足した。

 地元メディアなどによると、総選挙で躍進したヒズボラは使える予算の大きい保健相など複数のポストを要求…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文853文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  5. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです