メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立

オオワシの「グル」今季、姿見せず 23季連続、諏訪湖に飛来

グルの雄姿が確認できる写真展

 1996年の初飛来以来、冬になると23季連続で諏訪湖に姿を見せてきたオオワシの「グル」が今季、姿を見せなかった。撮影を楽しむアマチュア写真家や野鳥愛好者らは「優雅に飛ぶ姿に元気と勇気をもらっていた。とても残念」と話す。初飛来から見守り、衰弱したグルを保護するなど長年観察を続けてきた日本野鳥の会諏訪支部長の林正敏さん(75)=長野県岡谷市=は「今季の飛来はもうない、と思う。30年は来ると予測していたが。来年も来なければ死んでしまった可能性もある」と指摘する。【宮坂一則】

 オオワシは絶滅危惧種の国天然記念物。林さんが、後にグルと名付けられる雌のオオワシを初めて見たのは9…

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1197文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです