メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇居や京都でお祝いの記帳受け付け 天皇在位30年

在位30年記念式典であいさつされる天皇陛下を手伝われる皇后さま=東京・国立劇場で2019年2月24日午後3時1分(代表撮影)

 天皇陛下の在位30年の記念式典があった24日、皇居・宮殿では天皇、皇后両陛下が皇太子ご夫妻ら皇族方からお祝いのあいさつを受けられる儀式があった。皇太子さまが「心からお祝い申し上げます」と述べると、陛下は笑顔で「どうもありがとう」と応えた。宮内庁は皇居や京都市などの施設で、お祝いの記帳を受け付け、4月30日の退位まで約2カ月となった陛下への感謝や、ねぎらいの気持ちを伝えようと多くの人が集まった。

 皇居では午前9時半の開始時に記帳希望者510人が列を作り、午後4時の終了までに7986人が足を運ん…

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文786文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 最長政権 /4 正念場の領土、拉致

  4. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです