メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

於六段「致命的なミスがなく、力発揮できた」 ワールド碁女流最強戦

表彰式で写真撮影に応じる右から黒嘉嘉七段、優勝の於之瑩六段、崔精九段、佃亜紀子五段=東京都千代田区の日本棋院で2019年2月24日午後4時3分、最上聡撮影

 国際棋戦「SENKO CUP ワールド碁女流最強戦」(日本棋院主催、センコーグループホールディングス特別協賛)は24日、東京都千代田区の日本棋院で決勝と3位決定戦が打たれ、決勝は中国の於之瑩(お・しえい)六段(21)が韓国の崔精(チェ・ジョン)九段(22)に黒番3目半勝ちして優勝、前回大会に続く連覇を果たした。3位決定戦は、台湾の黒嘉嘉(こく・かか)七段(24)が佃亜紀子五段(47)に白番中押し勝ちした。

 於六段は「相手は皆強く、優勝はうれしい。決勝は致命的なミスがなく、力を発揮できた。男女関係ない棋戦…

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文881文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  4. 飼料から禁止薬物 JRA、15、16日東京、阪神、函館出走予定の156頭競走除外
  5. 札幌女児死亡 道警面会に児相同行断る 「行くべきだった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです