メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

情報提供:カートップ

巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

クセが強すぎて1代で終わってしまったクルマも存在

 クルマの系譜というのは、長きにわたって続いていく伝統のモデルと、1代限りで終わってしまうモデルのふたつに分かれる。今回は後者について見ていきたいが、さらに1代限りで終わってしまう理由も、そもそもの一発屋というだけでなく、長く続けようと思ったのに、不人気で終わってしまったというのもあるから難しい。

 今回はトヨタ車で見てみよう。緻密な計算に基づいてモデルをリリースしているかと思いきや、1代限りのモデルも点在しているのがトヨタの面白いところだ。

1)セラ

 1990年に登場したが、まず驚いたのが全面ガラス張りのキャビン。今のように断熱ガラスはなく、オーナーに聞くと夏は温室状態で地獄とのこと。さらにドアもユニークで、上に開くのは、日本車で初。

トヨタ車

 ちなみにガルウイングと呼ばれることもあるが、ヒンジを中心に前に開くので、ヒンジアップドアとかバタフライドアと呼ぶのが正解だ。個性が強すぎて、2代目はないなと新車当時から思っていたものである。

2)iQ

 軽よりも小さい(全長)、Aセグメントのクルマとして登場。マイクロカーだが、一応4人乗りで、リヤシートがあったりするのもユニークなところ。

トヨタ車

 欧州ではディーゼルなどもあったが、日本では1リッターのみだった。アストンマーチンにもOEMされたりしたが、今ひとつ人気が出ず、消滅。ただ、パッケージング技術において新しい試みがなされ、その後に活かされていることあって、存在意義は確実にあったクルマだ。

3)アルテッツァ

 ハチロクの再来とも言われたものの、なんだかフツーのスポーツセダン。FRだからといってなんでもいいわけじゃない、というのを教えてくれた1台だ。

トヨタ車

 クロノグラフ風メーターもバブルを脱しきれておらず、中途半端。オフィシャル的には後継はレクサスのISだが、こちらも微妙な感じ。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです