メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古移設 沖縄県民投票 埋め立て、全41市町村で反対多数 知事「対話を」

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画を巡り、名護市辺野古沿岸部の埋め立ての賛否が問われた24日の県民投票で「反対」が多数となったことを受け、辺野古移設に反対する玉城(たまき)デニー知事は25日、首相官邸や在日米国大使館を3月1日にも訪れて、安倍晋三首相や米国側に結果を通知する方向で調整に入った。

 県民投票は「賛成」「反対」「どちらでもない」の3択で問われ、「反対」が43万4273票で投票総数の71・74%を占めた。「反対」は全41市町村で多数となった。注目された投票率は52・48%だった。

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1095文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  5. 「月収7万円減」新制度開始 自治体の非正規職員から上がる悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです