メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

世界スプリント選手権 小平、2年ぶり総合V

スピードスケートの世界スプリント選手権で2度目の総合優勝を達成した小平=ロイター

 【ヘーレンフェイン(オランダ)共同】スピードスケートの世界スプリント選手権は24日、オランダのヘーレンフェインで後半2レースが行われ、女子の小平奈緒(相沢病院)が2年ぶり2度目の総合優勝を飾った。高木美帆(日体大助手)が2位と健闘し、男子も22歳の新浜立也(高崎健康福祉大)が初出場で2位に入った。

 小平は首位で迎えた2回目の500メートルで37秒4…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  4. 半グレ集団「モロッコ」幹部逮捕へ バーで少女働かせた疑い 大阪府警

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです