メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

安倍首相「決める政治」掲げてきたけれど… 「恥ずかしい国」では?

衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=2019年2月20日、川田雅浩撮影

疑惑払拭先頭立たず 閣僚に責任取らせず

 実るほどこうべを垂れる稲穂かな--。そんなことわざを伝えたいと考えてしまう安倍晋三首相の言動である。この6年、次々に不祥事や疑惑が持ち上がっても、強引な政治姿勢を崩さない。衆参両院で与党が安定多数を占める中、「決める政治」をアピールしてきたが、ふと疑問に感じる。この国は、安倍首相が政権獲得前に掲げた「美しい国」に近づいているのだろうか、と。【奥村隆】

 18日の衆院予算委員会で、野党の質問中に一瞬、議員らが静まりかえる場面があった。立憲民主党会派の小…

この記事は有料記事です。

残り2781文字(全文3027文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです