メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

『古寺巡礼』刊行100年 仏像巡り、永遠の定点

和辻哲郎

 和辻哲郎『古寺巡礼』は100年前の1919(大正8)年に刊行された。古寺・仏像巡りのバイブルとして、今も全く古びることがない。

 和辻の旅の際だった特徴は、宗教的動機による巡礼とは明確な一線を画そうとしたことだ。平安時代には熊野詣でも西国三十三所巡りも行われ、神仏巡りの歴史は古い。江戸時代のお伊勢参りなどは多分に物見遊山的だが、和辻の旅はそれらも含めた前代までの巡礼とは違う。奈良に着くと、「われわれが巡礼しようとするのは『美術』に対してであって、衆生救済の御仏(みほとけ)に対してではない」と言い切る。

 この点、もう一つのバイブル、亀井勝一郎『大和古寺風物誌』(43年初版刊行)とは対照的だ。こちらは「…

この記事は有料記事です。

残り1330文字(全文1633文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害
  4. 吉川友梨さん行方不明から16年 母になった同級生の思い
  5. 恩人 捜しています 借りた飛行機代で帰郷 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです