メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

明日海りお 花組トップ「CASANOVA」で希代の色男に 本音でぎゅっと心つかむ

花組公演「CASANOVA」主演の明日海りお=兵庫県宝塚市で、梅田麻衣子撮影

 宝塚大劇場で上演中の花組公演「CASANOVA」で、18世紀のイタリアを生きた希代のプレーボーイ、ジャコモ・カサノバを演じている。大勢の娘役にからみつかれながら歌い踊る場面が多く、「男役をやってきて本当によかった」と冗談っぽく語る。

 これまでに「新源氏物語」(2015年)の光源氏など数々の色男を演じてきた。カサノバについて、「今の時代で言えば『チャラ男』なのだろうけど、チャラチャラしているようでいて女性をきちんと扱うスマートさもある。しっかりと芯がありながら、おどけて見せる。それが真のモテ男なのかな」と話す。

 場面によって、カサノバのいろんな面が見えるよう意識している。冒頭、異端尋問にかけられる場面はふんぞ…

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文1021文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中東 動物兵器、うごめく
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  4. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る
  5. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです