メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

明日海りお 花組トップ「CASANOVA」で希代の色男に 本音でぎゅっと心つかむ

花組公演「CASANOVA」主演の明日海りお=兵庫県宝塚市で、梅田麻衣子撮影

 宝塚大劇場で上演中の花組公演「CASANOVA」で、18世紀のイタリアを生きた希代のプレーボーイ、ジャコモ・カサノバを演じている。大勢の娘役にからみつかれながら歌い踊る場面が多く、「男役をやってきて本当によかった」と冗談っぽく語る。

 これまでに「新源氏物語」(2015年)の光源氏など数々の色男を演じてきた。カサノバについて、「今の時代で言えば『チャラ男』なのだろうけど、チャラチャラしているようでいて女性をきちんと扱うスマートさもある。しっかりと芯がありながら、おどけて見せる。それが真のモテ男なのかな」と話す。

 場面によって、カサノバのいろんな面が見えるよう意識している。冒頭、異端尋問にかけられる場面はふんぞ…

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文1021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです