メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外1票の格差訴訟「違憲状態」 高松高裁判決
英月の極楽シネマ

半世界(2018年、日本) 思う世界の他、必ず道あり

 地方都市の、そのまた郊外。ある日、自衛隊員として海外に派遣されていた瑛介(長谷川博己)が帰ってきます。仕事で心に傷を負い、妻子とも別れて実家に引きこもったまま。そんな彼を中学時代からの旧友の紘(稲垣吾郎)や光彦(渋川清彦)は気に掛け、紘は人を雇う余裕もないのに自分の炭焼き職人の仕事を手伝わせます。

 「こんなこと、一人でやってきたのか」。木の伐採から炭の販売まで重労働を淡々とこなす紘の姿を見て驚く瑛介。紘も、惰性で続けてきた仕事に張り合いを覚えます。そして、い…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文582文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです