メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英月の極楽シネマ

半世界(2018年、日本) 思う世界の他、必ず道あり

 地方都市の、そのまた郊外。ある日、自衛隊員として海外に派遣されていた瑛介(長谷川博己)が帰ってきます。仕事で心に傷を負い、妻子とも別れて実家に引きこもったまま。そんな彼を中学時代からの旧友の紘(稲垣吾郎)や光彦(渋川清彦)は気に掛け、紘は人を雇う余裕もないのに自分の炭焼き職人の仕事を手伝わせます。

 「こんなこと、一人でやってきたのか」。木の伐採から炭の販売まで重労働を淡々とこなす紘の姿を見て驚く瑛介。紘も、惰性で続けてきた仕事に張り合いを覚えます。そして、い…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文582文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「武器を爆買いするなら年金に回せ!」 老後2000万円問題で抗議集会
  3. ボール蹴り非常口灯壊す動画をインスタ投稿 少年4人を事情聴取 兵庫県警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです