特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

頂点へ

東邦 平成最後の春に 部員紹介 植田結喜投手(3年) 堂々とした投球見せる /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東邦の植田結喜投手=愛知県東郷町で、高井瞳撮影 拡大
東邦の植田結喜投手=愛知県東郷町で、高井瞳撮影

 <第91回選抜高校野球 センバツ高校野球>

 不調だった昨秋から、この春に向けて投球フォームの改善に取り組んできた。

 気迫のこもった直球と、140キロを超える球速が魅力で、新チームのエースとして期待されていた。しかし、昨秋の県大会の少し前から制球が乱れ始めた。フォームを変えたものの調子は戻らず、続く東海大会はエースの座を譲った。

 そんな中、めげずに努力を続けたのは、地元の静岡から愛知県に送り出してくれた親への思いがあるからだ。進学先を決める時、全国の強豪の中から練習の雰囲気も良かった東邦に行きたいと言った時、その決断を尊重してくれた。試合の日も、静岡から必ず応援に来てくれる。

 「結果を出して恩返しするためにも手は抜きたくない」と、ランニングでは、いつも先頭集団を走り、ウエートトレーニングでも自分を追い込む。

 冬を越え、不調だった投球は安定し始めてきた。「目の前のバッターを0点に抑えるだけ」。応援してくれる人たちのためにも、マウンドで堂々とした投球を見せるつもりだ。【高井瞳】=随時掲載


 ◆自分の特長は?

身長179センチ、体重78キロ

左投げ、左打ち

浜松市立雄踏中出身

投手


 <マネジャーから一言>

 見た目で怖い人間と思われがちだが、移動中の貸し切りバスの中ではよく歌を歌っているK-POP好きなお調子者。実は一番頭がいい。

次に読みたい

あわせて読みたい