メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンポジウム

「新華僑」の影響を指摘 南京町生誕150年記念 神戸 /兵庫

山下清海・立正大教授の講演を通して、南京町の将来を考える来場者=神戸市中央区元町通3で、黒詰拓也撮影

 神戸市中央区にある中華街・南京町の「生誕150年」を記念したシンポジウム「世界の華僑華人 歴史と展望 神戸を中心に」が24日、〓月堂ホール(中央区元町通3)であり、来場者約150人が世界各地のチャイナタウンの現状を学びながら南京町の将来を考えた。

 立正大地球環境科学部の山下清海教授が写真で世界のチャイナタウンを紹介し、近年の中国経済の台頭後に海外に進出した「新華僑」が各地で大きな影…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです