メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県警

警官採用試験に新機軸 公務員志望低迷、人材確保へ 19年度、SPIを導入 /鳥取

 就職活動の学生に有利な「売り手市場」が続く就職戦線で、県警が人材確保に躍起だ。景気回復や人手不足を背景に民間企業が採用を増やす反面、公務員の志望者は近年低迷。県警は2019年度の警察官採用試験で、民間で広く活用されている総合適性検査(SPI3)を導入し、受験者の増加を狙う。県警によると、都道府県警では初めての試みという。【阿部絢美】

 県警警務課によると、同採用試験の受験者数は、リーマン・ショック直後の2009年度370人(競争倍率4・4倍)だったが、17年度170人(同2・5倍)と半減。18年度も174人(同3・1倍)だった。“不人気”の理由は「厳しい」「危険」などのイメージが先行しているためとみられる。

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長崎・佐世保の小6同級生殺害 「大丈夫」は大丈夫じゃない 妹を殺された兄、川崎医療福祉大で講演 /岡山

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 講演 被害者は家族にも話せぬことある 佐世保・小6同級生殺害事件を取材、毎日新聞・川名記者 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです