メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「象徴」という言葉は明治の思想家…

[PR]

 「象徴」という言葉は明治の思想家、中江兆民(なかえ・ちょうみん)がフランス語の「サンボル(シンボル)」の訳語として美学の翻訳書で使い出した言葉という。戦前は一般に芸術や文学の専門用語というイメージだったようだ▲だから占領軍の憲法案に天皇は「象徴」とあったのを、日本の法学者が「文学書みたい」と驚いてみせたのは精いっぱいの皮肉だろう。だがこの「象徴」、日本の民間の憲法案策定の過程で出たのを占領軍が採用したという見方もある▲法学者に言われずとも、「象徴天皇」は内実のない言葉といえる。生身の人が国と国民統合の象徴であることなどできるのか? 「象徴としての天皇像を模索する道は果てしなく遠く……」。天皇陛下は在位30年に、そう語られた▲政府主催の天皇陛下御在位30年記念式典での「おことば」である。被災地や福祉の現場で身をかがめて人々と語らい、地方で静かに社会を支えてきた人々を励まし、戦没者の霊に平和を誓いながら歩んできたその「模索の道」だった▲どんな権力や富者、賢者の前でも膝を屈さぬ陛下が、ひざまずき、こうべを垂れて耳を傾けたのは、弱い立場の人々の言葉や死者の声だった。世を支配する権力や富とは違う「象徴」の聖なる力をその一身をもって示した30年である▲平成を迎える直前のNHKの意識調査では、天皇について「尊敬」「好感」を抱いている人は50%だった。同じ調査の昨年のデータは77%となった。両陛下と国民の共感が織り上げた「象徴天皇制」である。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

    2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

    3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

    4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

    5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです