メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

沖縄、民意の盾 国静観、なお溝(その1)

反対多数が確実になり、辺野古移設阻止に向けて気勢を上げる「新基地建設反対県民投票連絡会」のメンバーら=那覇市で2019年2月24日午後10時31分、津村豊和撮影

 24日に投開票された米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設の賛否を問う県民投票は、反対が圧倒的な多数を占める結果となった。玉城(たまき)デニー知事は「民意」を盾に移設断念を政府に迫る考えだ。政府は計画通りに移設を推進する方針だが、投票結果を受けて沖縄の反発が強まるのは必至で、4月の衆院沖縄3区補選や夏の参院選への影響を懸念する。

この記事は有料記事です。

残り1720文字(全文1895文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. ORICON NEWS KANA-BOON・谷口鮪、飯田帰宅に「無事でよかった…」 メンバーから安堵の言葉
  5. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです