メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺らぐ米新聞界

/下 再編進む地方紙 ライバルや系列と連携して調査報道

サラソタ・ヘラルド・トリビューンの調査報道班の記者ら。一番右がエミリー・ルコズさん、その隣がマイケル・ブラガさん=米フロリダ州サラソタで

 米国の新聞界の再編が進む中で、一部の地方紙がライバルと連携したり、投資ファンドに買収された系列紙同士で共同で調査報道に取り組む動きを見せたりしている。取り組みには前向きな評価がある一方、独自色が薄まり「ファストフードチェーンのようになる」と懸念する声もある。当事者はどう考えているのか。過去7年間で2度親会社が変わった新聞社を訪ねた。【サラソタ(米フロリダ州)で長野宏美】

この記事は有料記事です。

残り2046文字(全文2233文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  2. 鍵をかけていても… 北関東でトラクターの窃盗多発 転売目的か

  3. デジタル庁採用、倍率47倍 民間人材枠、30人先行募集に

  4. 共産都議団が今夏の東京オリンピック中止を申し入れ 「コロナ対策集中を」

  5. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです