メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

今週のおすすめ紙面 原発事故問う福島のアナ/企画「元号と東アジア」/男女均等の政治へ

[PR]

 ◆ストーリー

    原発事故問う福島のアナ 3月3日・日曜日 1面、ストーリー面

     元ラジオ福島アナウンサーで現在フリーの大和田新さん(63)はいまも、福島第1原発や周辺地域を頻繁に訪れ、取材を続けています。ときには大学生を引率して被災地の現状を伝えています。東日本大震災と原発事故から8年。福島では現在も約4万2000人が県内外に避難しています。被災の記憶を風化させまいと奮闘を続けるアナウンサーの姿を見つめました。

    企画「元号と東アジア」 26日・火曜日から 3面など

     元号を巡る歴史を紹介する企画の今回のテーマは「元号と東アジア」です。

     古代中国発祥の元号は、現代は日本だけで使われていますが、過去にはベトナムや朝鮮半島でも独自の元号が用いられました。

     「独立の象徴」である元号と、東アジアの歴史を振り返ります。また、漢籍ではなく日本の古典を典拠とする「和風元号」を巡る動きも取材しました。

     ◆くらしナビ

    男女均等の政治へ 26日・火曜日から3回

     4月に行われる統一地方選を巡り、女性が立候補しようという動きが活発です。できるだけ候補者が男女均等になるよう各政党に努力義務を課した「政治分野における男女共同参画推進法」が昨年5月に施行されたことが追い風になっているようです。市制施行以来、女性市議ゼロの市議会に風穴を開けようと挑戦する姿を手始めに、列島各地の現場からお届けします。


     掲載日や内容は変更することがあります。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

    2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

    3. 「会社ってごみや」パワハラ自殺男性、両親にメール トヨタ側は当初「責任ない」

    4. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

    5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです