メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
社説

天皇在位30年のおことば 模索続いた象徴のあり方

 象徴天皇としての責務を自らに課してきた信念と、国民への感謝の気持ちが強く伝わるおことばだった。

     天皇陛下在位30年の記念式典がきのう、政府主催で行われた。4月末に退位される陛下は「日々国の安寧と人々の幸せを祈り、象徴としていかにあるべきかを考えつつ過ごしてきました」と述べた。

     陛下は、象徴天皇制の現憲法下で初めて誕生した天皇である。1989年1月に即位した際、「皆さんとともに日本国憲法を守り、これに従って責務を果たす」と表明した。

     国民主権の時代に「象徴」とはどうあるべきか。今回、「模索する道は果てしなく遠く」と表現したように、象徴像を懸命に問い続けてきたことがおことばからうかがえる。

     平成の30年間には、阪神大震災、東日本大震災など自然災害が相次いだ。両陛下は繰り返し訪れた被災地で、被災者を慰め、励ました。

     こうした象徴としての務めは、国民の支持があったからこそ果たすことができたという認識を明らかにした。陛下は悲しみに耐え抜く被災者、そして被災者に寄り添い続けた人々について「在任中の忘れ難い記憶」と語った。

     また、平成の30年間を「近現代において初めて戦争を経験せぬ時代」と位置づけ、平和を求める気持ちを改めて示した。

     同時に、陛下は沖縄への思いが深い。沖縄のハンセン病療養所の入所者との交流を機に陛下が作詞し、皇后さまが作曲して「歌声の響」という歌ができた。式典で、この歌が沖縄出身の歌手、三浦大知さんの独唱によって披露されたことにもそれは表れている。

     陛下は自分の後継者について「次の時代、更に次の時代と象徴のあるべき姿を求め、先立つこの時代の象徴像を補い続けていってくれることを願っています」と語った。

     皇太子さまが59歳の誕生日にあたり、記者会見で「その時代時代で新しい風が吹くように、皇室のあり方も時代によって変わってくると思います」と述べたのも、同じ考えからだろう。

     あるべき象徴像は時代状況によって変わる。次の時代にふさわしい象徴像を、新天皇とともに築くのは、主権者の国民である。

    コメント

    投稿について

    読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

    ※ 本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して毎日新聞社は一切の責任を負いません。また、投稿は利用規約に同意したものとみなします。

    利用規約

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
    2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
    3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
    4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
    5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです