メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

台湾文学翻訳家・天野健太郎さん=2018年11月12日死去・47歳

「観光の先」へ導く扉 天野健太郎(あまの・けんたろう)さん=膵臓(すいぞう)がんのため、2018年11月12日死去・47歳

 台湾文学への扉だった。扉を開けるたび知らない世界が広がっていて、次はどんなものが見られるんだろう、とわくわくしていた。もっと活躍できるはずだった。だからこそ、残念でならない。

 「台湾文学翻訳家」という肩書が、どれほど希少だったか。翻訳者は研究者が占めるなか、市場が小さな台湾文学を外国文学の一つに位置づけるべく奮闘していた。戦略を練り、出版社に売り込み、台湾文化を紹介する講座も開いていた。7年で12冊。大妻女子大の赤松美和子准教授によると、日本で重版された台…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  5. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです