メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外京アニのスタジオで爆発 けが人多数か
悼む

台湾文学翻訳家・天野健太郎さん=2018年11月12日死去・47歳

「観光の先」へ導く扉 天野健太郎(あまの・けんたろう)さん=膵臓(すいぞう)がんのため、2018年11月12日死去・47歳

 台湾文学への扉だった。扉を開けるたび知らない世界が広がっていて、次はどんなものが見られるんだろう、とわくわくしていた。もっと活躍できるはずだった。だからこそ、残念でならない。

 「台湾文学翻訳家」という肩書が、どれほど希少だったか。翻訳者は研究者が占めるなか、市場が小さな台湾文学を外国文学の一つに位置づけるべく奮闘していた。戦略を練り、出版社に売り込み、台湾文化を紹介する講座も開いていた。7年で12冊。大妻女子大の赤松美和子准教授によると、日本で重版された台…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文731文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 公取委、ジャニーズ注意 芸能界監視を強化 芸能人と所属事務所の契約トラブル相次ぎ
  2. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  3. ORICON NEWS 芦田愛菜、年間100冊以上読破も「読書が芝居に役立ったことない」 女優論展開で「自由な想像」重視
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです