メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

大豊建設・大隅健一社長

大豊建設・大隅健一社長

達成感を原動力に

 ダム、トンネル、橋、港、ビル--。生活を足元から支える数々の工事を担ってきた大豊建設は今年、設立70周年を迎える。災害復旧や東京五輪(2020年)に向けた施設整備、さらにインフラの老朽化対策とゼネコン需要は高まる一方だ。同時に人手不足も深刻化しているが、大隅健一社長は「若い世代がものづくりの楽しさを実感できるよう、職場環境を整えたい」と意気込む。【上杉恵子】

 --建設業界は空前の好景気を迎えています。

この記事は有料記事です。

残り1017文字(全文1228文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです