メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

伊勢半(東京都)/中 空襲被害から再興期す

養子を迎え、4代目澤田亀之助は1931年、大看板「本紅製造問屋 伊勢半本店」を掲げた=伊勢半提供

 <since 1825>

伝統を守りつつ、トレンド化粧品で世界と闘う

 初代澤田半右衛門の次男で3代目半右衛門の時代、伊勢半は業容を大いに拡大した。口紅「小町紅」は高価だが原料である紅花からの紅の抽出量は少なく、工程が難しい。3代目は大量に生産できる染色用紅や食紅、印刷物や歯磨き用にも手を広げた。歯磨きに紅が使われたのは、紅花に殺菌・抗菌作用があるからだったという。しかし、出資した銀行が倒産したのを機に経営は悪化してしまう。

 3代目の息子、4代目亀之助は家業の相続と同時に借財も継ぐことになったが、業績は次第に回復した。明治…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです