メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
100年カンパニーの知恵

伊勢半(東京都)/中 空襲被害から再興期す

養子を迎え、4代目澤田亀之助は1931年、大看板「本紅製造問屋 伊勢半本店」を掲げた=伊勢半提供

 <since 1825>

伝統を守りつつ、トレンド化粧品で世界と闘う

 初代澤田半右衛門の次男で3代目半右衛門の時代、伊勢半は業容を大いに拡大した。口紅「小町紅」は高価だが原料である紅花からの紅の抽出量は少なく、工程が難しい。3代目は大量に生産できる染色用紅や食紅、印刷物や歯磨き用にも手を広げた。歯磨きに紅が使われたのは、紅花に殺菌・抗菌作用があるからだったという。しかし、出資した銀行が倒産したのを機に経営は悪化してしまう。

 3代目の息子、4代目亀之助は家業の相続と同時に借財も継ぐことになったが、業績は次第に回復した。明治…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文771文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

  2. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  5. 埼玉・飯能の県道で軽乗用車とゴミ収集車衝突 30代夫婦と生後6カ月男児の3人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです