メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

認知症事故に自治体、救済策

高井さんの父が電車にはねられて死亡したJR共和駅の事故現場付近=愛知県大府市で2016年3月、大竹禎之撮影

 認知症の人が第三者に損害を与える事故を起こした際、自治体が独自に見舞金を支払う救済制度が、神戸市で4月から始まる。自治体や民間の保険会社で新たな動きが相次ぐ、認知症の人の「事故」をめぐる保険について紹介する。

 ●損害賠償求められ

 「父はきっと人の流れに乗って、この有人改札を通り抜けて電車に乗って隣駅まで行ったと思うんですよ」。愛知県大府市のJR大府駅の改札で高井隆一さん(68)は悔しげな表情で語る。高井さんは認知症の人が何らかのトラブルを起こし、損害を他者に与えた場合、家族が責任を負うべきかどうかが大論争になったJR認知症鉄道事故の遺族だ。

 認知症だった父(当時91歳)は2007年12月、同居していた母がまどろんだわずかな間に駅近くの自宅から1人で出掛け、隣の共和駅の線路内で列車にはねられ、死亡した。

この記事は有料記事です。

残り2180文字(全文2536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです