メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 羽生善治九段-豊島将之王位 第36局の4

強烈な香打ち

 [先]4五歩に豊島はまたも桂成を防がず[後]7一香と打った。この香が猛威を振るう。のちの[後]7六歩と3三角で7筋の攻めを見せており、局後の羽生の第一声が「7筋からこられてまずかったですかね」だったほど強烈だった。実は[後]5一飛と引いてから[後]7一香と打ち7筋を狙うまでが豊島の研究手順であった。羽生の手ももちろんすべて想定内で研究通り。豊島の手のひらの上で転がされているようだ。

 [先]4五歩に代えて(1)[先]3二桂成は[後]同玉[先]3五歩にやはり[後]7一香で「困る。やは…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文561文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです