メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

山口青邨の文体論=酒井佐忠

 昨年末に没後30年となった山口青邨の作家論に踏み込んだ岸本尚毅著『山口青邨の百句』(ふらんす堂)が刊行された。深見けん二をはじめ青邨を今でも慕う俳人は多い。だが、かつて山本健吉が指摘したように、平明にして淡白の中に心がこもる作風は、野心的な表現が少ないため作家論として掴まえどころがないともいわれた。だが、岸本は、青邨の「文体の多様さと自在さ」に注目し、百句解説に加え文体論として青邨像を明らかにした。

 <みちのくの町はいぶせき氷柱かな><初富士のかなしきまでに遠きかな>。代表句はいずれもオーソドック…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文563文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです