メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

グランドスラム・デュッセルドルフ大会 大野、貫禄V 男子73キロ級

 【デュッセルドルフ(ドイツ)共同】柔道のグランドスラム・デュッセルドルフ大会第2日は23日、ドイツのデュッセルドルフで男女計4階級が行われ、日本勢は男子73キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪王者の大野将平(旭化成)ら3選手が優勝した。

 73キロ級は日本勢同士の決勝となり、大野が66キロ級の元世界王者で五輪2大会連続銅メダルの海老沼匡(パーク24)に優勢勝ちした。

 男子81キロ級の藤原崇太郎(日体大)、女子63キロ級の田代未来(コマツ)は決勝でロシア選手を降して…

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文822文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  4. 猫連れ去り 盗まれた飼い主「大切な家族失った」 憤り隠せず
  5. 飼料から禁止薬物 JRA、15、16日東京、阪神、函館出走予定の156頭競走除外

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです