メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキー

ノルディック世界選手権 ジャンプ男子 日本、団体銅メダル

 【インスブルック共同】ノルディックスキーの世界選手権第5日は24日、オーストリアのインスブルックとゼーフェルトで行われ、ジャンプ男子団体(ヒルサイズ=HS130メートル)で佐藤幸椰、伊東大貴、小林潤志郎(以上雪印メグミルク)小林陵侑(土屋ホーム)の日本が銅メダルを獲得した。この種目5大会ぶりの表彰台で、今大会の日本勢メダル第1号となった。ドイツが優勝した。

 2人1組で競う非五輪種目の複合団体スプリントで前回銅メダルの渡部暁斗、渡部善斗(ともに北野建設)の…

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文675文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです