メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古移設 届け、沖縄の叫び 「辺野古ノー」今度こそ

反対多数の報道に表情が和らぐ「辺野古」県民投票の会の人たち。中央は元山仁士郎代表=那覇市で2019年2月24日午後8時1分、上入来尚撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を移設するために名護市辺野古の海を埋め立てることに対し、沖縄県民は「反対」の意思を示した。24日に投開票された県民投票。県民はその1票に沖縄の未来を託した。【佐野格、宮城裕也、杣谷健太】

 「反対多数確実」の速報を受け、那覇市の会場に集まった「『辺野古』県民投票の会」のメンバーたちは、拍手や握手をして喜びを分かち合った。

 会は9万2848人分の有効署名を集めて県民投票の実施を求めた。中心となった元山仁士郎代表(27)は反対が投票資格者の4分の1を超えたことを受け、声明を発表した。

この記事は有料記事です。

残り1975文字(全文2234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  4. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです