メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第68期王将戦

第4局 渡辺、強気に攻める

 久保利明王将(43)に渡辺明棋王(34)が挑戦する第68期王将戦七番勝負第4局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、琉球新報社共催、囲碁・将棋チャンネル協賛)は24日、那覇市の琉球新報本社ビルで始まり、午後6時、渡辺が52手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各8時間のうち消費時間は、久保4時間6分、渡辺3時間30分。25日午前9時に再開する。

 渡辺が開幕から3連勝してタイトル奪取に王手をかけた一番。後のない久保は初手で飛車を7筋に振った。25手目、久保は4筋に飛車を回して、渡辺の得意な穴熊に組ませないようけん制。玉も6筋に移動させた。

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1065文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです