メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドナルド・キーンさん死去

日本の「美」に魅入られ 新しい日本観伝える

 ■評伝

 キーンさんがまだ何者でもなかった時代の新聞記事が残っている。<“青い眼(め)の太郎冠者”留学の米人博士が狂言習う>。1954年2月18日付本紙(大阪)は物珍しさもあって、大きく扱った。日本文学研究のために京大大学院で学ぶ身だった青年が後に海外の固定した日本観を破り、日本文化の国際化にとってかけがえのない働きをするとは誰が想像し得たろうか。

 「ワタシは実に運が良かったです」。お会いする度にこう語っていた。日本文学は当時、国際的にマイナーな…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです